住民情報グループ第1 

Residents Information Group first

開発本部 本部長 戸田 光雄
住民情報グループ第1 部長兼務

自治体向け業務システムの提供

住民情報グループは、主に自治体向けの業務システムを提供しています。
具体的には、住民票などを提供する住民記録システムや固定資産税・住民税といった税計算システムになります。

みなさまに直接関係のある「マイナンバー制度」の対応も行っています。
また、長年培った行政情報システムのノウハウを活かしつつ、自治体の新しいサービスにも柔軟に対応し次世代を見据えた行政の情報化をバックアップしています。

日本全国の住民のためになる必要不可欠な仕事

お客様は北海道から九州まで日本全国の自治体になりますが、特に関東圏を中心に展開しています。

お客様のニーズにあわせてシステムを構築し安定稼働させるために、日々システム開発に取り組んでおります。 自治体向けの業務システムは、住民のためになる必要不可欠なものであり、とてもやりがいのある仕事です。

最新のIT技術を地域に提供

住民情報グループのなかでも住民情報グループ第1は地元である十日町市殿のシステム開発や地元民間事業者へのシステム開発にも取り組んでおります。

地域に密着し地域に貢献できる部署として、最新のIT技術を地域に提供しています。

責任感の強い先輩と個性豊かな楽しい部署

また、住民情報グループ第1のメンバーは仕事に対して熱く、責任感が強い職人のような先輩が多くおりますが、職場の雰囲気は良く良好な人間関係を維持しています。

一方、お酒の席ではみんな歳の差や立場を気にせずざっくばらんに接する個性豊かな楽しい部署です。

部署の窓から見える春は緑、冬は一面の雪景色

img_residents1_02

職場は、あてま高原リゾートに隣接しており自然豊かな環境にあります。
冬は一面の雪景色になりますが、春になれば緑が多く住民情報グループ第1の窓からは、あてま高原リゾートのゴルフ場11番ホールが間近に見えます。