やりがいを感じて

Feel the rewarding

 img_peapole03_01_佐藤

尊敬する先輩がいます!

まず自己紹介を

img_peapole01

寺口入社して5年目です。おもにシステムの設計と開発を行っています。

img_peapole01

南雲入社して7年目です。1年半ほど産休育休とお休みを頂いているので6年目みたいなものですが…(笑)休みに入る前は基本的に出張で、打ち合わせして設計をして製造をして…というお仕事でした。今後は自社から近い自治体のお仕事を担当する予定です。

一番印象に残っているお仕事は?

img_peapole01

寺口はい。丁度2年くらい前にとある自治体のお仕事を担当しました。その中で、お客様に対してプロジェクターを使って操作説明をしたことがありました。プロジェクト全体を通して一番最初に説明をすることになったため、非常に緊張したのですが、説明を終えた後にお客様から、「とてもわかりやすかった、印象に残った」と声をかけていただいたことがとても印象に残っています。このお仕事で初めてシステムの設計や製造といった一連の作業に携わることができたということもあって、作業の途中でも大変やりがいを感じていましたが、システム稼働後にお客様から感謝の言葉を頂いたときには、「あ~この仕事をやって良かったなぁ~」と心から思いました。

南雲私はまず大変だったことのお話です。(笑)4年前関東方面の某市役所さんのシステムの要件定義を担当した時のことです。2~3時間の打ち合わせが1週間に2回あるんです。それをもち帰ってから議事録にまとめるんですが2営業日中にお客様に送らなくてはいけなくて…。遠方に出張だったこと、議事録の内容のお客様確認のスパンが2営業日と短かったこと、それに残業で対応せざるを得なかったこと、また上流工程なのでプレッシャーも感じたことなど、いろいろ重なってしまって大変でした…(泣)でも嬉しかったこともあります!私も操作説明の時なんですが某自治体さんに行って40人くらいの方々のまえで説明をするんです。それもトップバッターで、、、すごくドキドキしながらだったのですが協力会社の偉い方が「良かったよ~」って言ってくれて嬉しかったです!

システムエンジニアは女性に向いていると思われますか?

img_peapole01

寺口そうですね~。オスポックにいる女性の先輩達をみてると、お客様に対してとても親身なんです!

南雲そうですよね。比較的男性の先輩方は開発をバリバリこなすイメージがある一方、女性の先輩方は電話でのやり取りでお客様にとても親身になっているのが伺えます!

寺口そういう意味で女性のほうがもしかすると質問しやすい面があるのかもしれません。

女性がキャリアをつむことについてどう思いますか?

img_peapole01

寺口「キャリア」という意味も広いと思うのですが、私が描くキャリアはできることなら一生この仕事を続けていくこと、また、お客様はもちろん、社内や社外の方とも信頼関係を築くことができればいいなと、考えています!

南雲はい。私は実際ろいろな業務を熟知していて、プログラム開発もできて、お客様からも名指しで仕事を依頼されるような信頼関係を築いてる先輩たちがいます。身近でお仕事をさせていただいて影ながらとっても尊敬しています!こんな風になるのは少し難しいかもしれないけど、せめてそんな人達の役に立ちたいって思ってます!。指示するよりは、私にできることがあればやります!と…

寺口あ~私も同感です。でも明日から仕事たくさん頼まれちゃったりしてね!♪(笑)

プロフェッショナルとは?またそれに向けての努力などありますか?

img_peapole01

寺口まず「自分の与えられている仕事に責任を持つ」「最後までやり抜く」こと…でしょうか?お客様との打合せなどで、月に何度も出張に出ることがあります。ホテルの空気が乾燥してて、それが原因で風邪をひいたり体調を崩したりしたこともあって、たしかに辛いこともありました…。

南雲はい。お客様の要望っていろいろありますよね。でも予算や環境や様々な事情で実現できないものもあります。それでもなんとかその要望に応えよう、少しでも近づこうと努力している上司を見ていると、こういうのがプロフェッショナルなんだな~って思うことがあります。近くにそんな上司がいることはとても恵まれていると思いますし、私も少しでも近づけたらと思っています。

寺口社内の人間にもお客様からも信頼されていて仕事に誇りを持っている上司をみているとそんな人になりたいって思います!出張もたくさんあって大変だけど充実しているよね…(^^)

南雲うん。充実している。(^^)