仕事と家庭の両立支援

Balance Support of work and family

仕事と家庭の両立支援「次世代育成支援」行動計画

一般事業主行動計画

オスポックでは、社員一人ひとりが仕事、家庭、地域生活、個人の自己啓発など、さまざまな活動について、自ら希望するバランスで展開できるよう、検討を行ってまいりました。

現在の取り組み

有給休暇取得率の向上を図る

 2020.10~2021.9の期間 取得率65%を目標とする
 2021.10~2022.9の期間 取得率67%を目標とする
 2022.10~2023.9の期間 取得率70%を目標とする

【対策】
 ・2021年4月~  定期的に社員の有給取得状況一覧を社内展開し、有給取得
          日数の少ない者への声掛け等により取得促進を図る
          アニバーサリー休暇、プラスワン休暇など有給休暇取得
          につながるよう周知取組みを行う
 ・2022年4月~  前年の有給休暇取得状況を分析し、取得率向上に向けた改
          善策の検討、取組みを図る

両立支援に関する社内制度の周知・利用促進とあわせ、制度拡充に向けた検討、取組みを行う

【対策】
 ・2021年4月~  制度利用対象者に向けた諸制度の周知を行い、制度利用促
          進を図る
          育児休業等を取得した社員へのアンケートにより、課題
          等の把握を行い、更に使いやすい制度となるよう見直し
          検討を行う
 ・2022年4月~  検討結果に基づき、制度の見直し等を図る

地域の中・高校生等に対する職場見学やインターンシップ(就業体験)などの機会の提供、積極的な受け入れを図る

【対策】
 ・2021年4月~  ホームページ等への掲示、ハローワークを通じた学校へ
          の周知、受け入れ環境の整備を図る

くるみんマーク認定(平成27年3月2日)

平成25年からの取り組みを行ったことで新潟労働局より平成27年3月2日に認定されました。

過去の取り組み(2019年4月~2021年3月)

計画期間内に社員の有給休暇消化日数水準を上げる

 2018.10~2019.9の期間 14.5日を目標とする
 2019.10~2020.9の期間 15.0日を目標とする

<実績>

 ・2018.10~2019.9の期間  13.2日(目標に対し△1.3日) 取得率72.8%
 ・2019.10~2020.9の期間  11.5日(目標に対し△3.5日) 取得率63.0%

両立支援に関する社内制度の拡充に向けた取り組みを図る

<実績>

 ・2019年7月 有期契約→無期契約への転換制度 (法改正対応)
        正社員転換制度規程(有期契約→正社員)
 ・2019年8月 奨学金返還支援制度規程
 ・2020年3月 在宅勤務規程
 ・2020年12月 子の看護休暇・介護休暇時間単位取得対応 (法改正対応)
        ※中抜け取得も可能な制度とした (法を上回る対応)
 ・2020年4月~5月 男性社員の育児休業取得1名発生
 
  期間中の制度利用状況
   1. 有期契約→無期契約 : 2名
   2. 正社員転換     : 3名
   3. 奨学金返還支援   : 現在8名
   4. 育児休業取得    : 女性 2名、男性 1名
   5. 子の看護(時間休) : 0名

地域の中・高校生等に対する職場見学やインターンシップ(就業体験)などの機会の提供、積極的な受け入れを図る

<実績>

 ・2019年7月30日~31日 十日町総合高校 1名
 ・2019年8月7日~8日   中里中学校   2名
 ・2020年7月      新型コロナウィルスにより受入中止

お問い合わせ

詳しくは総務部へお問い合わせください。
株式会社オスポック 受付時間平日AM9時~PM5時 代表 025-750-2020